石川日独協会ドイツ語講座のご案内

石川日独協会の2022年度のドイツ語講座は、ドイツ語文法をある程度学んだことがある方を対象として開催します。使用テキストはNHKラジオ第2放送「まいにちドイツ語」応用編です。
初回は2022年5月11日(水)19:30-21:00で、以降、第一水曜日(6月1日、7月6日、8月3日、9月7日)にZoomで開催する予定です。講座費用は無料ですが、石川日独協会会員(年会費は個人3,000円、学生1,000円)であることを条件とします。入会して講座に参加することを希望される方はお問い合わせください。

2022年度前期(Q1,Q2)の授業について

2022年度前期に私が担当する授業は以下のとおりです。

  • 法学類(学士課程)
    • 法思想史(Q1,月1+木1)
    • 法学概論(Q1,水5+木5,最初の5回を担当)
    • 特講(様相論理入門)(Q2, 水1+金1)
    • 法理学演習(前期,月5)
  • 法学研究科
    • 法学・政治学専攻(修士課程)
      • 法理学特論・演習
      • 法学・政治学研究入門(2回分を担当)
    • 法学・政治学専攻(修士課程)、法務専攻(法科大学院)
      • 法理学(前期, 木6)(筑波大学法科大学院の授業(法哲学)と合同、Zoom、法学類生による先取り履修可。)
  • 人社環研(博士後期課程)
    • 法理学研究・演習

2021年度法学類「法理学」小テスト解答・解説

加賀友禅のコップ他 木箱入り★未開封・非売品★ジャニーズ KEN☆Tackey 名古屋限定 ポストカードセットアズールレーン ル・マラン 抱き枕カバー アズレン 大陸版 4周年アニバーサリー公式グッズ バニーガール【送料無料】ヴィータ & ザフィーラ ラバー ストラップ ラバスト 魔法少女 リリカル なのは The MOVIE 2nd A’s 一番くじプレミアム訳アリ 新品 未使用 大きいサイズ 紳士 メンズ 寅壱 TORAICHI トライチ 長袖シャツ 作業着 サイズ LLゲルパッド ゲルシート ジェルマット ゲル 25×25×1cm バイク 自転車 家具 シート 衝撃吸収 快適 耐震 ゲルクッション ゲルザブCD「吉田真里子/詩華集-ANTHOLOGY- 」89年盤 80年代アイドルアメジスト リング フリー サイズ調節可能 指輪 シルバー S925 銀 インポート ジュエリー 紫水晶 天然
ビンテージ~40's●PACKER 3Sテープディスペンサー●210218n5-otclctディスプレイ雑貨テープ台ミッドセンチュリー送料無料 ヘアコーム パール 髪飾り キッズ 子供 発表会 アクセサリー 和装 結婚式 ピアノ発表会 卒園式 入学式 卒業式 パーティー 女の子【春】レディーストップス 無地 ハイネック シャツ ブラウス 着痩せ カジュアル 長袖 通勤 通学 お出かけ ホワイト Sセミアップハンドル №02928cmCD シングルCD 中村玉緒①明日はいい事ありますよ ②おんな坂 ③明日はいい事ありますよ(カラオケ) 他2曲女優 マギー・Q 直筆サイン ミッションインポッシブル3 ダイハード4.0 ダイバージェント サバイバー NIKITA/ニキータ 縦25×横20アンパンマン 水色 トレーナー 裏地起毛 90激レア超貴重!◆竹内まりや◆JamSpot 特別版◆超ロングインタビューDENIM全曲解説ディスコグラフィー◆非売品◆新品・美品

小テストの解答・解説(暫定版)です。

2021年度後期(Q3, Q4)の授業について

2021年度後期(Q3, Q4)に私が担当する授業は下記の通りです。
法学類:「法理学」火2+木4(314)
法学類:「法理学演習」月5(314)
法学類:「外国書購読(独)」火1(305)
法学類:「人文社会科学における法(法政基礎論B)」Q4火5(101)
法学研究科(修士課程):「法理学特論III, IV」「法理学演習III, IV」木2(308)
人社環研(博士後期課程):「法理学研究I, II」土16:00-(Zoom)

法学類「特講(様相論理入門II)」は、時間割ではQ4に週2回開講ですが、授業はQ3, Q4に週1回(水4)に研究室で行います。この授業はQ1に「特講(様相論理入門)」を履修した方のみ履修できます。

少人数の授業は参加者との話し合いで開催曜日・時限を変更する場合があります。希望者がいる場合はZoomで同時中継します。

遠隔授業を前提とした大学院進学について

コロナ禍でZoomを利用した遠隔授業が定着しつつあります。その結果、身体障害のため通学が難しい方や、海外を含め遠隔地に居住されている方も、かなりの程度まで本学で学べるようになってきました。とくに大学院の授業はほぼすべて少人数の演習形式の授業ですが、そのような授業はZoom等のWeb会議システムでも十分に行うことが可能です(聴覚障害の方には別途対応が必要ですが)。修士論文・博士論文の最終試験や報告会も最近はもっぱらZoomで行っています。通学を伴わない研究・学習は、院生同士の交流が少ない、図書館・図書室での紙の図書・雑誌の利用が困難であるなどの欠点もありますが、それでも学びたい、研究をしたいという方を拒む理由はありません。法理学を専門的に研究したいという方は、遠慮なく私までメールでご連絡下さい。
なお、本学の大学院研究生となることを希望する方は、指導を希望する教員の受け入れ内諾を得ることが必要です。私の場合は、原則として大学(学士課程、修士課程または法科大学院)で法学を学ばれた方のみ、受け入れの内諾をします。